香港ノミニー(Nominee) 制度のまとめ

香港ノミニー制度を活用すると、低コストで起業が可能になり、将来の節税対策や将来の資産運用に備えることができます。


香港をビジネスの拠点とする利点をまとめます。
(1)香港法人( Private Limited Company) の設立コストは日本での株式会社設立より安く、法人登記料は香港$2,000(3万円程度)と委託手数料を含めると総額15万円程。

(2)資本金は香港1ドルから可能で、資本額は自己申告(口座振り込み必要なし)。

(3)香港外収入の法人税課税は0%。香港域内収益は、法人税16.5%(所得$2,000,000以下は8.25%)。消費税、付加価値税、相続税なし。

(4)英国法(Common Law) を起訴とする国際金融都市である香港にい、Fiduciary Business (フィヂューシャリー ・ ビジネス) 所謂「受託ビジネス」が盛んで、ノミニーの法整備が整っていて、信用にかかわるため弁護士法人以外の業者にも2018年よりTCSPライセンス制度。

ノミニーの法的性質について、信託 (Trust)を活用することで、実質的株主が委託者・受益者として決定権を維持しつつ、Nominee Service Provider(以下「Nominee」)を受託者として選任することで、株主として代理登録・権利行使を行う制度を「Nominee Shareholder」 と呼びます。同様に、取締役の権利・義務に関して、実質的株主がNominee を選任し、取締役の代理登録・権利行使・義務履行を行う制度を「Nominee Director」と呼びます。

詳細はこちらをご覧ください。https://visence.info/nominee/