香港銀行当局 ステーブルコイン(Stable Coin) 規制検討中

暗号資産は、未だ財政リスクを安定させる要素が掛けますが、ステーブルコインはアセットクラスは急速な革新続け、近い将来に新たな資産となる可能性があります。急速に成長している暗号通貨に係わるエコシステム、暗号資産の普及の高まり、並びにステーブルコインの技術革新について、規制当局は関心を高めています。

香港の実質的な中央銀行である香港金融管理局(HKMA)はステーブルコインに係わるリスク管理するため、新しい規制に取り組んでいます。

2022年1月12日、HKMAは暗号資産とステーブルコインに関するDiscussion Paperを発表し、適切な規制アプローチに関する業界と一般市民よりパブリックコメントを求めています。

HKMAは、特に支払い関わるステーブルコインの規制に関心があり、万能型アプローチではなくリスクベースのアプローチを検討しています。既存規制の枠組みが、金融市場でのステーブルコインやその他暗号資産の使用増加した場合に、適切に対処するのに十分かどうか。

ステーブルコインは、価格変動を制限するために、法定通貨や金などの伝統的なアセットクラスに固定されている暗号通貨です。 従来の暗号通貨取引に起因するボラティリティを解決することを目的としていますが、即時決済、プライバシー、スピード、グローバルリーチなど、暗号通貨が一般的に保持する機能も維持しています。

長年にわたるステーブルコインの成長は驚異的で、情報機関フィッチは、世界のステーブルコイン市場が2021年に450%急増し、2021年12月13日に1,560億米ドルに達したと推定しています。成長の背景として、暗号資産取引の増加と、ハイテク企業の関与の増加によって促進されたことです。

香港銀行管理局は分散型台帳技術(DLT)、暗号資産、ステーブルコインの潜在的なメリットを認識していますが、対処しなければならない多くのリスクも特定しています。

1)他の暗号資産同様に、ステーブルコインはサイバー攻撃に脆弱で、ランサムウェア攻撃で要求される支払い手段として使用できてしまいます。特に、ステーブルコインを保持して匿名で手を変更できる場合、リスクが高まります。

2)ステーブルコインが大規模になり、支払い手段として一般的に受け入れられるようになった場合、運用中断、経済活動、および国民の信頼に重大な影響を及ぼすため、財政の安定リスクに関連します。

3)銀行などの金融機関がステーブルコインへのエクスポージャーを増やすと、金融の健全性、ビジネスモード、安定した運営に影響を与える可能性があります。銀行預金からステーブルコインに関連して保有される資金への大幅なシフトは、銀行の安定性、そして最終的には金融の安定性にとって懸念事項になる可能性があるとHKMAは述べています。


			

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。