FATF クロスボーダー・ペイメントに関する声明

FATF(マネーロンダリングとテロ資金供与対策を提唱する国際組織)は10月22日Cross-Border Payment業界においてコンプライアンス上の問題があることする見解を発表しました。

FATFによると、より速く、より安く、より透明で、より包括的な国境を越えた決済サービスは、安全で確実であり、経済成長、国際貿易、世界的な発展、および金融包摂を促進することができます。

国境を越えた支払いの強化は、G20の重要な優先事項です。 2020年10月、G20財務大臣と中央銀行総裁は、19のビルディングブロックで構成される国境を越えた支払いを強化するためのロードマップを承認しました。

しかし、バーゼル銀行監督委員会(BCBS)と協議して業界調査を開始し、異なるAML / CFT規則またはその実施が国境を越えた支払いに摩擦を引き起こす領域を特定しました。調査結果は、とりわけ、リスクベースのアプローチの欠如とAML / CFT要件の一貫性のない実装により、コストが増加し、速度が低下し、アクセスが制限され、透明性が低下することを強調しています。一貫性のない国内アプローチは、顧客と受益者の特定と検証、対象となる経済制裁の効果的なスクリーニング、必要に応じた顧客と取引情報の共有、コルレス銀行関係の確立と維持にも障害をもたらします。

Cross-Border Paymentに関するAML/CFTのコンプライアンスに関してお困り方Visence Professional Services にお問い合わせください。